LYRICS


君が笑えば

オリジナル曲 君が笑えば 歌詞

明日また笑えるように 僕は君の手を引くよ

君の手はただ温かくて 僕の手はとても冷たくて

染まってく君の温度に 僕はちょっぴり笑顔で

こんなに小さな温もりだけど 僕にはとても大きくて

 

どんなに辛い夜が来たって 乗り越えてみせるよ

何度も涙を流したって 側に僕がいるから

 

君が笑えば 何もいらない 忘れない その笑顔いつまでもずっと この気持ちずっと抱いて ずっと

 

春風が僕らを包む まるで涙を拭うよに

太陽が僕らを照らす まるで背中を押すように

 

どんなに辛い夜が来たって 乗り越えてみせるや

どんなに深い傷を負ったって 側に僕がいるから

 

月が眠れば 迎えに行くよ 待っててね 僕の人いつまでもずっとこの気持ちずっと抱いて ずっと

 

今まで色んなことがあったよね その運命があって 今繋がっているんだ

だから 僕は この手を 離さないよ 

 

君が笑えば 何もいらない 忘れない その笑顔いつまでもずっと この気持ちずっと抱いて ずっと

 

君が笑えば 何もいらない 忘れない その笑顔いつまでもずっと この気持ちずっと抱いて ずっと

 


青空

オリジナル曲 青空 歌詞

いつも1人で 前向いて頑張るあなたは

1人ぼっちで 暗い部屋の中で泣いてた

 

「大丈夫」って 言ったって

隠した嘘さえ分かるから

無理すんなって言ったって 君は聞かないから

 

この澄み渡る青空を見たら

僕等の悩みなんてちっぽけで

君の笑う顔が素敵だから

心を込めて今歌を歌うよ

 

君は前にこんな事を言っていたよね?

「1人になって自分を責めたりすんなよ」

 

僕だって同じで 辛い顔なんて見たくないから

お節介でうるさいけど 君の事を思って

 

この澄み渡る青空のように

君の心の雲を取れたなら

君の泣いた心が雨ならば

僕の歌で今虹をかけるよ

 

何も考えたくないって事も

誰とも話したくないって事も

そんなの全部僕は分かるから

君の側にいるよ

 

この澄み渡る青空を見たら

僕等の悩みなんてちっぽけで

君の笑う顔が素敵だから

心を込めて今歌を歌おう

 

この澄み渡る青空のように

君の心の雲を取れたなら

君の泣いた心が雨ならば

僕の歌で今虹をかけるよ

 


流れ星

流れ星に願いを込めて 想うあの人がいて

流れ星に願いを込めて 僕は旅に出かける

 

あなたと見た夜空を なぞるように探してる

コートの右ポケット サイズの違うリング

 

ずっと追いかけたら 何かが変わるような気がして

忘れようとすればするほど あなたを思い出していく

 

流れ星に願いを込めて 想うあの人と二人で

もう一度だけやり直せるなら 僕は何もいらない

 

少しずつ消えていく あなたとの思い出

どんなに叫んでも この声は届かなくて

 

ずっと追いかけても 何も変わることなんてなく

もがけばもがくほど あなたを思い出してゆく

 

流れ星に願いを込めて 想うあの人がいて

溢れる涙を流さないように 僕は空を見上げた

 

流れ星に願いを込めて 想うあの人と二人で

もう一度だけやり直せるなら 僕は何もいらない

 

二人だけの流れ星 

一度きりの流れ星